読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orz.conf

技術メモ✍

buffalo WSR-1166DHP のポート変換とファームウェアアップデート

buffaloのルータを買い替えました。
有線が100mbpsと遅く、最近は無線もなんだか遅くなりました。
どうも近隣の家との関係で、無線lanが混雑してしまっているような感じ。
5ghz(11a)を使うと解決出来るかと思い、買い替えを決意しました。

購入した機種はWSR-1166DHP

f:id:toshtone:20150516111237j:plain

ポート変換

まずインターネットに繋がるよう設定。
プロバイダ情報どこにやったかなーっていうのが
最初のヤマだと思います。
それさえ見つかればルータの設定は簡単でしょう。

ルータのアドレスはデフォルトは192.168.11.1でユーザ名はadmin
パスワードはpasswordです。

今回も外部からwebアクセスやvpn接続出来るようにポート変換を
してやります。

f:id:toshtone:20150516111408p:plain

OpenVPNのポートはUDPです。
間違えやすいので気をつけましょう。(TCPだけにも出来ますが)

携帯のwifiを無効にして、家にvpn接続したりweb接続して
繋がることを確認出来れば大丈夫。

ファームウェアアップデート

ついでにWSR-1166DHPのファームウェアのアップデートをしてみました。

f:id:toshtone:20150516111541p:plain

そして1.06を選択。
1.03→1.06に更新できるかな。

そして待つこと30分。

f:id:toshtone:20150516111558p:plain

おかしいな、こんなにかかるのかな。
ルータ本体を見てみる。
全面のLEDは全て緑色。
うーん、我慢出来ないので電源をoffにしてみる。
背面にon/offボタンがあるのでポチ

電源がoffされない。orz

ははーん、さてはハングアップしてるな。

くそーーー
バッファロールータ!

しょうがないので、電源コードを抜いて挿す。
ちゃんと起動してきた、、、ふう。

バージョンは1.03のままか、、、、

ということでファームウェアのアップデートは諦めました。^^;
一応常に最新ファームを使用することが推奨となっているんですが
ファームが壊れて起動しなくなると怖いし今日はなんだか疲れたので
まあ別の日にでも。