読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orz.conf

技術メモ✍

Ubuntu 15.04 でGitHubの設定

GitHubのアカウント作成がまだのようなら作成します。
https://github.com/

下記の順番で設定します。
SSH KEYの作成
  ubuntu上で作成します。
SSH KEYの設置
  公開鍵をGitHub秘密鍵をローカルに設置します。
・ローカル(pushする側)の設定
  gitの設定を行います。

SSH KEYの作成

まずはssh keyを作成します。

今回はubuntussh keyを作成しました。
接続時にパスワードを問われたくなかったので空で設定しました。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "mailaddress@gmail.com"
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):そのままenter
Created directory '/root/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):そのままenter
Enter same passphrase again:そのままenter
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX mailaddress@gmail.com
The key's randomart image is:
+---[RSA 4096]----+
|    ++==.        |
|   ..NYAN        |
|    +.*+         |
|   . A .C        |
|    * o S        |
|   o . . .       |
|                 |
|                 |
|                 |
+-----------------+

これで公開鍵を作成できました。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub

ちなみにid_rsa秘密鍵になります。

このid_rsa.pubの中身をコピーしてGit Hubに追加します。

SSH KEYの設置

GitHubにサインインします。
右上のほうにあるsettingボタンをクリックします。
続いて左のほうにSSH keyがあるのでそれをクリック。
Add SSH Keyをクリックします。

Titleはなんでもいいです。私は"Personal Thinkpad"としました。
Keyに先ほどのid_rsa.pubの中身を張り付けて下さい。
GitHub側の設定はこれで終わりです。

ローカル(pushする側)の設定

さてubuntuに戻ります。
下記のようにsshgithub.comに接続します。
ユーザ名はgitとなっていて良いです。

ssh -T git@github.com
Hi XXXXXX! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

このようになれば設定に問題はありません。
うちではこのようなレスポンスが1秒くらいで返ってきました。

さてそれでは.gitが生成されているディレクトリに移動します。
もしgitの設定を終えていないようであれば、下記の記事を参照して
設定を行ってください。toshtone.hatenablog.jp

$ git remote add origin ssh://ユーザ名@github/home/ユーザ名/workspace/first_app

これでoriginにurlが設定できたようです。
万が一originに指定するurlを間違えてしまった場合は

$ git remote rm origin

としてoriginを一旦削除して正しいものを再度addしてください。

HTTPSで接続する場合は下記のようにoriginを設定してください。

$ git remote set-url origin https://ユーザー名:パスワード@github.com/ユーザー名/first_app.git

それではいよいよソースをpushします。

$ git push -u origin master

これでGitHubにソースが追加されました。

ブラウザからGitHubにアクセスして確認しましょう。
トップページのPopular repositoriesからアップロードした
プロジェクト名をクリックしてファイルを確認してください。

以上で設定は終わりです。