読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orz.conf

技術メモ✍

VPSの設定(CentOs6.6)

linux

起動すると、一瞬画面が乱れその後Welcome to CentOSが現れます。

f:id:toshtone:20150102100335p:plain

 

f:id:toshtone:20150102095902p:plain

Install or upgrade an existing systemが選択されているので、そのままEnterを押します。

f:id:toshtone:20150102095922p:plain

Disc Foundが現れます。
メディアのテストをしてくれるようです。
不要なのでSkipしましょう。
マウス使えない画面なので右へ移動してSkipを選択します。

f:id:toshtone:20150102095926p:plain

Nextをクリック。

f:id:toshtone:20150102095931p:plain

Japaneseを選択しNextをクリック。

f:id:toshtone:20150102101035p:plain

再び日本語をクリック。

f:id:toshtone:20150102101039p:plain

基本ストレージデバイスのまま次へをクリック。

f:id:toshtone:20150102101042p:plain

確認してくれます。

f:id:toshtone:20150102101045p:plain

新規インストールのまま次へをクリック。

f:id:toshtone:20150102101243p:plain

何かホスト名を決めていればここで入力してください。
ノープランであればデフォルトのまま次へ。

f:id:toshtone:20150102101251p:plain

そのまま次へをクリック。

f:id:toshtone:20150102101259p:plain

rootユーザ(windowsでいうadministrator)のパスワードを決めて、入力します。

f:id:toshtone:20150102101302p:plain

すべての領域を使用するを選択し、次へをクリック。

f:id:toshtone:20150102101736p:plain

Virtio Block Deviceをインストール先のデバイスとして選択します。
ノープランであればこの設定で問題ないでしょう。

f:id:toshtone:20150102101740p:plain

変更をディスクに書き込みます。
書き込まないと始まりません。

f:id:toshtone:20150102101744p:plain

ノープランであればDesktopを選択し、後でカスタマイズにチェックが入っていることを確認し次へで良いと思います。

f:id:toshtone:20150102101747p:plain

いよいよインストールしてくれます。

f:id:toshtone:20150102101751p:plain

待つこと数分、インストールが完了します。
ここで出るおめでとうございますってまだ早い気がします。
でもまあシステム的にはこれでインストール完了です。

f:id:toshtone:20150102101757p:plain

この画面で上部にあるイメージを取り出しておきます。

f:id:toshtone:20150102101801p:plain

再起動をクリックします。

f:id:toshtone:20150102103201p:plain

進むをクリック。

f:id:toshtone:20150102103204p:plain

ライセンス情報です。
進むをクリック。

f:id:toshtone:20150102103213p:plain

ユーザーを作成します。
ノープランでOSセットアップしていますが、ノープランでもルートユーザと作業ユーザを決めます。
ここではworkUserを作成しています。

f:id:toshtone:20150102103214p:plain

ここもデフォルトで行きましょう。
進むをクリック。

f:id:toshtone:20150102103221p:plain

kdumpの自動有効化にはメモリーが不足しています。
と出ますが、気にせずOKをクリックします。

f:id:toshtone:20150102103226p:plain

kdumpの設定ですが、osクラッシュした時にそのダンプを解析するようなことって
まずないので(ノープランでたてたサーバーなんでね)、気にせず終了します。

f:id:toshtone:20150102103232p:plain

いよいよ起動しました。
これがログイン画面です。
これでセットアップは終了です。